So-net無料ブログ作成
2015年05月 | 2015年06月 |2015年07月 TOPページ

150607★VIO脱毛は恥ずかしすぎるから無理

誰かが言っていましたよ
「私はVIO脱毛の形として自然な形に整えている」のだと
自然に整えているってわかるなんて、なんて不自然なんだろ

はい、VIOについてナチュラルだの自然だのと散々書いてきたせいで
よしだたくろうさんの詩が頭でリフレインしているブログ主です。
自然なデザインについてはここいらで一段落つけて、もう一つの最近の支柱である
恥ずかしいという話題の方をもう少し語っていこうかと思います。

m18s50.png

VIO脱毛を躊躇わせる主な障壁として以下の4つが挙げられます。
お金、手間隙、恥ずかしさ痛み
VIO脱毛が常識になってきたとよく言われたりしますが、この四大障壁が存在するかぎり
実際に行動に移すのが常識となるのは、まだまだ先となることでしょう。

この四大障壁の中でも群を抜いて立ちはだかっているのが恥ずかしさです。
読者の皆さんであればVを残すのは当たり前で常識的なことかもしれませんが、
VIO脱毛に無関心である大部分の詳しくない一般的な人の感覚では
アンダーヘアーを全部刈られてしまうという思い込みはまだまだあると思います。

エステサロンは市場規模を拡大しようとハイジニーナは恥ずかしくないと宣伝して
社会通念の敷居を下げて、多くのユーザーを取り込もうとしていたわけなんです。
私はそうではなくて、全部なくす必要はないんだよ、ナチュナルフィギュアエイトにすれば
恥ずかしくなるどころか、視覚的には現状より悪くなることはないと訴えてきました。

しかしながら、恥ずかしさの本丸はデザインではなく、施術そのものにあるわけです。
ですから、カウンセリングでのやりとりで詳細説明を簡略化することによって
恥ずかしさを軽減できたとしても、どうせ後から股を押っ広げるわけですから、
多少のことは関係ないんじゃないかと前回の記事を少し思い返してみたリしました。

m31s82.png

医療レーザーやサロンを強く推奨したいわけではありませんが、
さらなる顧客獲得を目指すのであれば、この問題に対する根本的解決策を
模索し提示する必要があるでしょう。そのぐらい、この恥ずかしさによる
参加障害の大きさとは無視できるものではないのです。
この最大の懸念材料を取り除かないかぎり、脱毛器具に対する安全性や手間隙などの
優位性を主張したところで焼け石に水なのです。

以下、愚痴とか画像です。


150618 TBSで朝からVIO脱毛が取り上げられる ビビット白熱ライブ

※この記事は2015年6月25日に大幅修正されております。
その後も細かい追加修正がなされました。

朝9時台にテレビを見ることなんて、土曜休日含めて年間数日ぐらいしかない
ブログ主なのですが、その偶然の巡り会わせで、こんな番組を目撃しました。
やはり影響力の大きいマスコミで取り上げられると訪問者も増えますね
しかしながら、去年9月の朝日新聞ほどではありませんでした。
あのときの瞬間風速は本当に凄かったんだなと改めて思った次第です。

少し試行錯誤しておりまして、PC表示のサイドバーからピックアップを
行っています。スマホでの閲覧者が7割以上ですから、備忘録なんて
言われても初耳の人が多そうですが

【人気記事】
ブログ内で一番人気の記事もよろしければどぞ

時間がある方は1年前の画像祭り期間の記事がおすすめです。6~8ページになりますが、
このブログ内でよく読まれている記事です。

実質的な最初の記事はこちらとなります。自分で言うのもなんですが、すべての記事を
閲覧することはお薦めできません。時間がもったいないです(笑)


【備忘録】
マンガで分かるVIO脱毛 - 池袋 皮膚科【ゆうスキンクリニック】

Iラインの形は…全部or残す?VIO脱毛のIラインはどこまで脱毛する?
「VIO形」で検索すると、なぜNG?さんに負けてしまうのが悔しいブログ主ですが、
お肌ツルッ!さんの記事は上手いなと思うので、もっと読まれてほしいと思いました。
画像での説明がとても分かりやすいです。

以前は備忘録にも記載してあった(今でも間接的にはリンクしてあります。)スキンケア大学の
某記事ですが、1年3ヶ月たった今でもランキング上位で確認できるので凄いなと思ってしまいます。
何かの力学が働いているのでしょうかw?もっとも、このブログの一番人気記事もso-netブログの
美容記事全体で11-30位ぐらいの常連ですけど、それにしたって見るたびに1位や2位の
スキンケア大学の記事に比べれば遥かに劣ります。

画像引用の話



nice!(0)  コメント(0)  共通テーマ:美容
タグ:VIO脱毛

POWERED BY So-netブログ