So-net無料ブログ作成
検索選択
2014年10月 | 2014年11月 |2014年12月 TOPページ

141125★陰毛の役割と必要性

陰毛の役割として以下の3点がよく挙げられています。
  1. フェロモンの拡散効用
  2. 保湿保温性を保ち、雑菌等からの膣口を保護する
  3. 摩擦軽減と物理的衝撃緩和のためのクッション

この中でクッションの役割、摩擦軽減のためでもあると言われている事項ですが、
男性女性含めて、一番物理的攻撃から守るべきものは男性の睾丸だと思うんですよね
これに比べれば、他の部位なんか丸裸でも問題ないのでは?と思うわけです。
それに保温に関しては逆効果となり、精子を駄目にすることにもなります。
ですから、ワキ毛と同じく摩擦防止のために存在するのだと思います。
それと性交時の接触警告レーザー、猫のヒゲと同様な触覚の役割も含みます。

陰毛は男性ホルモンに支配されていますから、男性の方が濃いのは当然なのですが、
袋より後ろ側では女性より必要性は少ないはずです。それなのに守るべきものがある
女性よりも無駄に濃く生えているのはなぜなのか理由が分かりません。だからといって、
本当に女性の方が男性より濃かったら泣きたくなりますけどね(笑)
膣口とともに尿道口も守ると言われておりますが、男性はまったく無防御ですよね
もっともこれは膀胱までの距離、尿道の長さの差の為なんでしょうけど

フェロモン説に対しては、視覚とのバランスが重要だと反論したいと思います。
男性は視覚で興奮するものです。ですから、女性の陰毛の場合はデザインも
フェロモンと同じくらい意味があるのではないかと考えます。
それでは女性視点ではフェロモンだけなのか、イケメンボイスに惚れるなど
聴覚が関係するのでは?とも考えることはできますが、
男性も女性の喘ぎ声で反応しますから、聴覚で男女差があるとは言い難いでしょう。

26m02s99.png

極論を言えば、Oラインの毛さえなければ後はそのまま残していてもよいと考えています。
Oライン周辺については見た目を重視、優先させてくださいとお願いしたいわけです。
そのために、Iラインの一部に無毛の箇所が出来てしまいますが、そこだけは許してね、と
そして、雑菌予防は粘膜付近の毛が存在すればいいじゃないですかということです。
粘膜から1cm以上は離れた場所には必要ないでしょう。最後にハミ毛処理ですが、
そんなに広範囲になくても、役割機能は維持されると思いますから問題はないはずです。

あと3枚の画像も見る



nice!(1)  コメント(0)  共通テーマ:美容
タグ:画像 Vライン アンダーヘア iライン Oライン

POWERED BY So-netブログ