So-net無料ブログ作成
検索選択

160126★Iラインの基本は八の字

2016年になっても、Iラインをなくすか薄く残すかの二者択一論がまかり通っている現状
少しでも意識改革が起こってくれることを願い、今年も細々とブログを続けてまいります。

初めて来訪された方で参考になる画像はどこよ?というせっかちな人はこちらの記事からが
おすすめです。6ページ程になりますが、手っ取り早く写真が見られるのではないでしょうか

Iラインのどのあたりまで、どのぐらい残すかは大切ですが、こと無毛にするということに
関してならOラインの方が絶対に重要です。毛を無くすという視点で考えた場合
Iライン中心またはVライン→Iラインという方向性での見方が間違っているわけです。

逆に考えるんです。Oラインを完全無毛にするからIラインにも無毛な箇所ができるのです。
ブログ開設時から何回も繰り返し述べてきたことなので飽き飽きされる方も多いと思いますが、
2016年最初の記事ということでお許しください。多分これからもずっと同じこと言い続けますけれど(笑)

m23s158.png

こちらのショットですが、本当はもっとよく確認できる明瞭なものが別に1枚あるんですが、
わいせつ物陳列罪の恐れがあると判断したので、チキンな私は掲載を自粛しました。
警察が動かなくてもソネットさんに消されてブログが続けられなくなるのは嫌ですからw

VラインとIラインの境目ギリギリ反対の話ですが、このブログを読んでくださるような方だと
多くの人が知っていると思いますが、境界の上あたりが一番毛の量が多く密集しているのです。
ですから、そこから急にIライン全部を無毛にすると、濃度100%から0%へと急変してしまう
わけなんですね。照射である程度の濃淡は調整できますが、元からある基本構造を無視して
無理やり整えるわけですから、どうしたって見た目はおかしくなってしまいます。

m47s153.png

この現象を避けるためにも、残す毛の中心をVIの境目あたりに持ってくるというのは
良策であると自負しています。中心からVの部分Iの部分、全方向にむかって毛量を
調節することで自然で理想的な濃淡が演出できます。Vゾーンだけで毛を残した場合
ですと中心は違ってきてしまい、しかもVIの境界が端っこになるという宿命を背負う
ことになりますから、境目が一番濃くなってしまうという悲劇が生まれてしまうのです。

m17s147.png
m27s14.png
m39s214.png

このヒモの内側部分は毛を残し、外側は無毛にするというのが参考になるかなぁと

m52s145.png

タイトルの基本は八の字ですが、これはiゾーンのデザインを漢字で表したものです。
本当は外方向への両はらいを内側にはらうことで完成するのですが、最先端の女子でも
習字のお手本のような八の字のままで処理してしまっているのがおしいですね。

前の記事へ

↓スマホ表示だとタップするのに邪魔なタグが表示されており、ご迷惑をお掛けしています。

nice!(0)  コメント(0) 
タグ:画像 Vライン アンダーヘア iライン VIO脱毛 Oライン

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

POWERED BY So-netブログ