So-net無料ブログ作成
検索選択

140816★iラインの絶対ラインと重点地帯

ちょっと日が空いてしまいましたが、画像祭り第4弾でございます。
お待たせしました。
え?第5弾でしょですって?スマホだと表示されないから分からないのですけれど、
前々回は蔵出し大放出ということで私的には別冊扱いなのです。
第1弾はこちらとなりますので、初見の人はよろしければ最初からご覧ください。

一般的にはアンダーヘアの整え方=Vゾーンの形問題になるかと思います。
今回も含めて4人のモデルさんを取り上げてきましたが、おかしい人はいなかったですよね?
ですから、なぜVラインの形で悩む必要があるのか私にはさっぱり理解できません。
多少の違いはまったく気になりませんし、違ったとしてもそれぞれ個性があってイイと
思うのですが、VIO脱毛の話題といえば、Vの形とIラインを残すか無くすかだけの話に
なってしまいがちなため、必要以上にVラインのデザイン選びが取り上げられている
ような気がします。形以外では毛の長さも話題になることが多いですね

m58s66.png

上の写真ですと毛が長すぎるのでは?と思われた人がいるかもしれません。
ですが、温泉などに浸かった状態ですと下の写真のようになります。
Vの毛の長さを気にされる方が結構いらっしゃるようですが、iラインの粘膜近く同様
あまり気になさらない方が良いかと思います。
パンツからはみ出るような長さならカットするという程度で十分ではないでしょうか。

m09s9.png

当ブログではIラインについてどうするかの詳細も語っていきます。むしろこちらがメインです。

m39s64.png

みどりの線は絶対ラインとなります。
iラインの正確な範囲とも言えます。これより外側は、内股・太もも・脚の付け根・お尻・Oライン
となりますので、そこに毛が生えているなんて状態は論外です
この場外ジャングルは本流とは離れることとなりますが、最優先で脱毛すべき箇所であり、
VIO脱毛の最重要課題です。しかし、エステ等ではIラインの範囲に含まれないことも多く、
Oラインの範囲も狭いために本当に毛深くて悩んでいる乙女達は救われない状況にあります。

クリックで別ウィンドウ拡大表示(628KB)
m52s190z.png

黄色の線は、私が推奨するラインです。
粘膜付近には極力こだわらず、後方iライン外側を綺麗にして美しいラインを追求しましょう。
特にIラインの毛を残す人はこのみどりの線と黄色の間の重点地帯が疎かになりがちです。
赤いラインは、Iラインを完全に無くしてしまおうと考えている人に対して、前方Vライン近くは
少しでいいから残したほうが見た目がおかしくなりませんよという理想のラインです。

※記事の内容評価ではなく、VIOデザイン形の人気投票です。
Grad_Ao_09.pngGrad_Ao_10.png
※人気投票の受付は終了しました。

次の記事へ

↓スマホ表示だとタップするのに邪魔なタグが表示されており、ご迷惑をお掛けしています。

nice!(0)  コメント(0)  共通テーマ:美容
タグ:画像 Vライン アンダーヘア iライン VIO脱毛

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

POWERED BY So-netブログ